後遺障害の診断書 ー診断書に書いてもらわければいけない3つのことー

「後遺障害診断書」は、後遺障害の等級認定を受ける際に非常に重要な資料となります。

しかし、ほとんどの被害者の方は、「後遺障害診断書に何を書いてもらえばいいのか分からない」というお悩みを抱えていらっしゃいます。
  34767_135.jpg

後遺障害診断書に記載してもらうことは、主に3つあります。

①傷病名

②自覚症状

③他覚症状および検査結果

①傷病名については、事故当時から保険会社に提出される診断書に記載されているのですが、
②自覚症状、③他覚症状および検査結果については、被害者の方から正確な情報を医師に細かく伝えていかなければ、適正な後遺障害を獲得するための後遺障害診断書を記載してもらうことは難しいといえます。
 
特に、③他覚症状および検査結果は、適切なタイミングで、適切な病院で、レントゲンやCT、MRIを撮影しておかなければ、適正な後遺障害の等級認定を得るための他覚的所見を書いてもらうことができない可能性があります。
 
一般的には、MRIなどは、どこの病院で撮影をしても同じ結果が出るとお考えの方も多いと思いますが、実は最新の撮影機器でなければ画像上に現れない場合もあるのです。
 
交通事故に遭い、後遺障害診断書に何を記載してもらえば良いかお困りでしたら、まずは弁護士まで相談されることをお勧めいたします。交通事故被害に遭われた方へ適切なアドバイスをさせていただきます。
 

後遺障害についてはこちらもご覧下さい

●後遺障害(後遺症)について ●後遺障害の損害賠償 ●後遺障害の等級認定
●後遺障害診断書について 後遺障害の種類  

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

ImgTop4.jpg
●交通事故被害でお悩みの方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ