保険会社が治療継続を認めなかったが、継続してもらい、無事14級9号が認められた事例

相談者:50代男性

職業:会社員 

受傷内容:頚椎捻挫

通院期間:260日

獲得賠償金:282万円

  34767_136.jpgのサムネール画像

【ご相談にいたった背景】

ご依頼者様は,治療を続けたいのに,保険会社が治療費の継続支払いを認めてくれないとして,当事務所に治療延長の交渉を依頼されました。しかし,当事務所が受任する前,すでに2度延長されていたこともあり,保険会社は治療継続を認めませんでした。
 

【弁護士の対応】

 この時点で,ご依頼者様は症状固定するか,ご自身の健康保険を使って治療を続けるかを悩まれましたが,弁護士がよく事情をお聞きしたところ,ご依頼者様は,それまでに相当回数の通院を重ねておられることが分かりました。
 レントゲンやMRI等の画像に頚椎の異常所見が認められにくい捻挫の場合でも,一定の通院回数を超えれば14級が認定されやすくなると考えられます。ご依頼者様の場合,あと少し通院すれば通院日数が一定の通院回数に達し,後遺障害14級の認定が得られる可能性が高まる状況でしたので,それをご依頼者様に説明し,自費で治療を続けてもらいました。そして,十分に治療を行われた後で症状固定し,自賠責保険に後遺障害等級認定申請したところ,予想通り,14級9号の認定を受けることができました。
 

【弁護士からのポイント】

 交通事故で,頚椎捻挫や腰椎捻挫の傷害を負われ,治療を続けても痛みやしびれ等の症状が残ったと訴えられる方は沢山いらっしゃいます。しかし,これらの症状がレントゲンやMRI上の異常所見として現れることはほとんどないため,後遺障害として等級認定されるケースは多くありません。
 もっとも,かなり頻繁に通院されている方で,一定の通院日数に達しておられる方は,レントゲンやMRIに異常所見がなくとも,14級に認定される可能性があります。一定の通院日数というのは,明確に基準として公表されているものではありませんが,一定の通院日数に達している方の多くが14級の認定を得ておられますので,画像所見がない場合でも14級の認定がなされる一つの要件となっていると考えられます。
 頚椎・腰椎捻挫の治療を続けているけれども後遺症が残りそうだと悩まれている方は,是非早めに,弁護士にご相談下さい。
 

その他の解決事例はこちらです。ぜひご覧ください。

番号 解決事例内容 部位 等級 獲得金額
高次脳機能障害申請サポートと損害賠償請求を
粘り強く行った結果4000万円の賠償金を獲得できた事例
急性硬膜下血腫 高次脳機能障害 4000万円
2 2輪車で交通事故に遭い、
賠償金1686万円を獲得した事例
右股関節 9級 1686万円
3 日常生活への制約が非常に大きかった依頼者に代わって
早期から弁護士が交渉することでリハビリに専念できた事例
左足関節外果骨折 - 1338万円
労働能力の喪失期間を伸ばすだけでなく、慰謝料請求の増額もできた事例 右頤神経まひ 12級 1200万円
5 出会い頭の交通事故で
獲得賠償額を80万円から355万円にした事例
頸椎捻挫 14級9号 355万円
6 自転車に乗車中事故に遭い、
提示された慰謝料が低額だったため、
弁護士に相談したところ獲得賠償額が増加した事例
不全骨折 なし 120万円
7 頸椎
腰椎捻挫
14級9号 174万円
8 頸椎捻挫による痛み・手のしびれの症状について、
後遺障害14級9号に認定されたため、
後遺障害部分について適正な金額での示談ができた事例
頸椎捻挫 14級9号 127万円
9 自動車乗車中に追突被害に遭い
14級9号の後遺障害の認定を受けた事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
14級9号 333万円
10 自動車乗車中に追突被害に遭い
頚椎捻挫になった事例
頚椎捻挫
肩関節捻挫
100万円
11 自動車乗車中に追突被害に遭われ
180日間通院した依頼者の事例
左腓骨
近位部骨折
140万円
12 自動車乗車中に追突被害に遭い
146日間通院した依頼者の事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
82万円
13 自動車の助手席に乗っていたところ、
後ろから4台の玉突き事故に遭われた事例
背中と
首の捻挫
94万円
14 頸椎捻挫・右首の重だるさ
手のしびれに苦しまれていた方の事例
頸椎捻挫
手の
だるさ
しびれ
94万円
15 正面から走行してきた相手車両に接触され、
背部挫傷、腰椎捻挫の傷害を負われた方の事例
背部挫傷
腰椎捻挫
112万円
16 後遺障害の示談交渉を行った事例  頸椎捻挫
腰椎捻挫
60万円
17 事故後治療を継続していた数ヶ月の間
保険会社の担当者と連絡が付かなかったが、
弁護士が介入したことで連絡が付き、
賠償金も145万円獲得できた事例
頚部捻挫 145万円
18 症状固定後、示談交渉を弁護士に任せたことで
主婦でも休業損害を獲得できた事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
90万円
19 原付で車線変更中に後続車に接触されたが、
過失相殺で減らされた賠償額が納得できず
弁護士に依頼したことで賠償額が増額できた事例
頚椎捻挫
肘捻挫
右臀部皮膚
欠損創等
85万円
20 保険会社が治療継続を認めなかったが
継続してもらい無事14級9号が認められた事例
頚椎捻挫 14級9号 282万円
21 弁護士の交渉開始わずか5日で
賠償金120万円の増額を認めさせることができた事例
頚椎捻挫、
神経障害性疼痛
- 400万円
22 保険会社に弁護士が損害賠償請求を行った
3日後に請求した賠償金の全額を支払うとの内容の
回答が届き、早期に示談できた事例
頚椎捻挫 - 115万円
23 弁護士が保険会社と交渉したところ治療継続を認め
ご依頼者様が納得いく時期まで治療を受けられ、
十分な賠償金も獲得できた事例
頚椎捻挫 - 125万円
24 保険会社との交渉を弁護士に任せることで
ストレスから解放され、治療に専念できた事例
頚椎捻挫 - 90万円
25 保険会社との交渉を弁護士に任せ、
家事や育児ご自身の治療に専念できた事例
腰椎捻挫 - 157万円
26 弁護士に交渉を依頼することによって
裁判所基準の満額の賠償金を
受けることができた事例
左肘頭粉砕骨折 - 140万円
27 休業損害を認められ、慰謝料を増額できた事例 頚椎捻挫 - 112万円
28 妊婦の奥様をストレスから解放するために
保険会社との交渉を弁護士に依頼し
治療を続けることができた事例
頚椎捻挫 - 38万円
29 訴訟を提起しご依頼者様のお伝えしたいことを丁寧に主張立証した結果、
裁判所より休業損害について依頼者様の納得のいく
和解案を得ることができた事例
頚椎捻挫 - 155万円
30 14級9号の後遺障害等級を獲得でき、さらに慰謝料と後遺障害逸失利益で
裁判基準に近い高い金額で示談することができた事例
左手・腕関節挫傷 14級9号 322万円
31 弁護士が間に入ったことで治療に専念できただけでなく、
病院とのやり取りもスムーズに進めることができ
後遺障害等級認定申請をスムーズに行うことができた事例
腰圧迫骨折 - 300万円
32 治療継続の必要性を踏まえて保険会社と治療延長の交渉を行った結果
依頼者様が納得いく治療を受けられた事例
頚椎捻挫 - 157万円
33 弁護士を介したことで後遺障害14級2号の認定を受けることができた事例 歯の脱落 14級2号 230万円
34 後遺症は非該当のままになったが、保険会社から
慰謝料と主婦休業損害で適正な賠償金を獲得できた事例
外傷性頚部脊髄症 - 130万円
35 パートの休業損害ではなく兼業主婦としての休業損害を請求したことで
より高額の賠償金を獲得できた事例
頚椎捻挫 - 95万円
36 保険会社から提示された賠償金額に不満を持ち弁護士を入れたことで
賠償額を増額できた事例
頚部捻挫 併合14級 240万円
37 兼業主婦として主婦の休業損害を請求し、
90万円の賠償金を獲得できた事例
頚椎捻挫 - 90万円
38 加害者側保険会社からの連絡が一切なくなったことを不安に思った
依頼者に代わって弁護士が対応し賠償金も獲得できた事例
頚椎捻挫 - 145万円
39 保険会社の治療費支払いを1か月伸ばすことができ、
さらに賠償金を請求額満額で獲得できた事例
股関節捻挫 - 85万円
40 慰謝料を裁判所基準で請求し35万円の増額に成功した事例 頚部捻挫 - 65万円
41 保険会社に対し家事や育児に対する事故の影響を具体的に説明することで
賠償額を約2倍に増額することに成功した事例
頚椎捻挫 - 100万円
42 弁護士介入後わずか3日で請求額のほぼ満額の
示談金を獲得することができた事例
頚部捻挫 - 95万円
43 後遺障害により主婦として家事に影響が出たことを理由に逸失利益を請求し、十分な金額の逸失利益を獲得できた事例 頚部捻挫 14級 143万円
44 兼業主婦として主婦の休業損害を請求し、賠償金を獲得できた事例 頚部捻挫 - 130万円
45 後遺障害部分について保険会社と交渉した結果,
請求額の満額を獲得できた事例
頚椎捻挫 14級 186万円
46 病院への通院のために自身の有給休暇を使用していた依頼者の
有給使用分を休業損害として賠償請求した事例
右手関節捻挫
- 52万円
47 自転車で直進中、路外に左折しようとした乗用車に衝突された事例 頭部外傷 9級 1095万円
48 乗用車を運転中乗用車に追突された事例 頚椎捻挫 - 37万円
49 乗用車を運転して青信号で交差点に進入したところ,
信号無視の乗用車に接触された事例
頚椎捻挫 - 78万円
50 乗用車対乗用車 追突事故の事例 - - 48万円

交通事故バナー.png
ImgTop4.jpg
●交通事故被害でお悩みの方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ