• HOME
  • 歩行中、四輪車と接触した事例

歩行中、四輪車と接触した事例

34767_136.jpgのサムネール画像  

相談者 10代 女性 高校生

受傷内容 右膝内側側副靱帯損傷

獲得賠償額 約132万円

入院日数:32日
通院期間:92日
実通院日数:5日

【ご相談に至った背景】 

依頼者は,事故により靱帯を損傷され,約1ヶ月の入院を余儀なくされました。ご両親は,後遺障害が残らないよう治療をしっかりと受けることと,保険会社による補償を適正に獲得することを希望され,事故後早期の段階で当事務所に依頼されました。
 

【保険会社との交渉・結果】

幸い後遺障害が残らなかったため症状固定後直ちに示談交渉を行いました。当初,保険会社は,保険会社の内部基準による低い慰謝料額を提示し,さらに依頼者の過失が15%あると主張していました。
これに対し,慰謝料は裁判所基準までの増額を求め,過失割合については,警察が作成した刑事記録を入手して事故状況を精査し,依頼者の過失0は難しいものの5%まで減らすことはできると判断して交渉を行い,依頼者の過失を5とすることで決着できました。
 

【弁護士からひとこと】

事故で入院が必要なほどの怪我を負った場合,損害額は大きくなることが通常であり,示談交渉時に保険会社の提示額が適正であるかどうかを検証することは非常に重要です。
また,保険会社から過失相殺が主張される場合,その割合が妥当かどうかの判断も必要となります。保険会社は,裁判所が作成した事故類型毎の過失割合の基準に従っていますので,過失割合で悩まれる場合,弁護士に相談され,保険会社の主張が正しいかどうかを検討されることをお勧めします。

その他の解決事例はこちらです。ぜひご覧ください。

番号 解決事例内容 部位 等級 獲得金額
2輪車で交通事故に遭い、
賠償金1686万円を獲得した事例
右股関節 9級 1686万円
出会い頭の交通事故で
獲得賠償額を80万円から355万円にした事例
頸椎捻挫 14級9号 355万円
自転車に乗車中事故に遭い、
提示された慰謝料が低額だったため、
弁護士に相談したところ獲得賠償額が増加した事例
不全骨折 なし 120万円
頸椎
腰椎捻挫
14級9号 174万円
頸椎捻挫による痛み・手のしびれの症状について、
後遺障害14級9号に認定されたため、
後遺障害部分について適正な金額での示談ができた事例
頸椎捻挫 14級9号 127万円
自動車乗車中に追突被害に遭い
14級9号の後遺障害の認定を受けた事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
14級9号 333万
自動車乗車中に追突被害に遭い
頚椎捻挫になった事例
頚椎捻挫
肩関節捻挫
100万
自動車乗車中に追突被害に遭われ
180日間通院した依頼者の事例
左腓骨
近位部骨折
140万
自動車乗車中に追突被害に遭い
146日間通院した依頼者の事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
82万
10 自動車の助手席に乗っていたところ、
後ろから4台の玉突き事故に遭われた事例
背中と
首の捻挫
94万
11 頸椎捻挫・右首の重だるさ
手のしびれに苦しまれていた方の事例
頸椎捻挫
手のだるさ
手のしびれ
94万
12 正面から走行してきた相手車両に接触され、
背部挫傷、腰椎捻挫の傷害を負われた方の事例
背部挫傷
腰椎捻挫
112万
13 後遺障害の示談交渉を行った事例  頸椎捻挫
腰椎捻挫
60万
14 事故後治療を継続していた数ヶ月の間
保険会社の担当者と連絡が付かなかったが、
弁護士が介入したことで連絡が付き、
賠償金も145万円獲得できた事例
頚部捻挫 145万
15 症状固定後、示談交渉を弁護士に任せたことで
主婦でも休業損害を獲得できた事例
頚椎捻挫
腰椎捻挫
90万
16 原付で車線変更中に後続車に接触されたが、
過失相殺で減らされた賠償額が納得できず
弁護士に依頼したことで賠償額が増額できた事例
頚椎捻挫
肘捻挫
右臀部皮膚
欠損創等
85万
17 保険会社が治療継続を認めなかったが
継続してもらい無事14級9号が認められた事例
頚椎捻挫 14級9号 282万
18 弁護士の交渉開始わずか5日で
賠償金120万円の増額を認めさせることができた事例
頚椎捻挫、
神経障害性疼痛
- 400万
19 保険会社に弁護士が損害賠償請求を行った
3日後に請求した賠償金の全額を支払うとの内容の
回答が届き、早期に示談できた事例
頚椎捻挫 - 115万
20 弁護士が保険会社と交渉したところ治療継続を認め
ご依頼者様が納得いく時期まで治療を受けられ、
十分な賠償金も獲得できた事例
頚椎捻挫 - 125万
21 保険会社との交渉を弁護士に任せることで
ストレスから解放され、治療に専念できた事例
頚椎捻挫 - 90万
22 保険会社との交渉を弁護士に任せ、
家事や育児ご自身の治療に専念できた事例
腰椎捻挫 - 157万
23 弁護士に交渉を依頼することによって
裁判所基準の満額の賠償金を
受けることができた事例
左肘頭粉砕骨折 - 140万
24 休業損害を認められ、慰謝料を増額できた事例 頚椎捻挫 - 112万
25 妊婦の奥様をストレスから解放するために
保険会社との交渉を弁護士に依頼し
治療を続けることができた事例
頚椎捻挫 - 38万